2008年12月13日

時代劇スペシャル「母恋ひの記」〜谷崎潤一郎『少将滋幹の母』より〜

少将滋幹の母 (中公文庫)谷崎潤一郎先生、これの時代考証は一体??

あの時代は妻問婚(つまどいこん)、今風に言うと婿入り婚の時代なのですが。
男は複数の女性の家に通い、生まれた子供は女性の実家の人間になるので、異父兄弟は兄弟だけど、異母兄弟は他人なんですが。

本当に原作もこんな話なんですか??
それともNHKの謀略ですか!

てなことは横に置いておいて。

川久保拓司さんに敦忠の役はあってたなぁ。
敦忠みたいなちょっと意地悪な人や風魔でやった武蔵のような役の方が見ていて安心。

しかし、息子二人ともをマザコンに育て上げるとは、北の方は恐ろしすぎます(笑)

posted by Yui at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 川久保拓司
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111185821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。