2008年06月14日

ハロルドとモード

観てきました〜〜〜!

兵庫県立芸術文化センターへ行くのは初めてでしたが、駅から連絡道があって、迷わず会場に着くことが出来ました。
阪急で行って本当に正解!

まずはパンフレットを購入。
会場には「ガラスの仮面」のチラシも置かれていて、しっかり川久保さんの名前が印刷されてましたよ。

そして舞台はというと……











ごめん、面白くなかったの。(T_T)




この舞台って「モード」が79歳の魅力ある女性であることが大前提なんだけど、それが成り立ってないんだもん。
彼女に魅力がないから、他のお芝居も全部不自然なんだもん。

浅丘さんのモードには無邪気さや天真爛漫さがなく、悪い意味での人間くささや泥臭さがあって、彼女の振るまいが腹がたちこそすれ、可愛いと思えない。
これが今は亡き岸田今日子さんだったら…などと、舞台の最中に妄想してしまうほどでした。

川久保さんの演技は面白かったです。笑いも起きてたし。
笑いに厳しい関西だからか、コメディなのにほとんど笑う人もいなかったなか、数少ない笑いが起こるシーンが川久保さんの演技が含まれていて嬉しかったな〜。
村上さんも良かった。
役柄はともかく(^_^;)

しかし、ハロルドって結局のところただのマザコンくんだよなぁ。
彼はあの後幸せになれたのでしょうか。
誰かをまた好きになれるといいけど、なかなかむずかしそうだと思ったわ。

■ハロルドとモード
 兵庫県立芸術文化センター中ホール
 作:コリン・ヒギンズ
 訳・演 出:青井陽治
 出演:浅丘ルリ子西島隆弘(AAA)村上幸平川久保拓司
    本田有花小野香織増田雄一大堀こういち杜けあき
 
 

posted by Yui at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 舞台 | 川久保拓司
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100648099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。